Home > お知らせ > バレエ・ダンスで足首に痛みが出るケース
 

バレエ・ダンスで足首に痛みが出るケース

バレエ・ダンスで足首に痛みが出るケースの一つに三角骨障害があります。

主にバレエをしている子供から大人まで案外よく見かける症状です。

特徴的なのが、アテール(床に足裏をつけた状態)からルルベ(爪先立ち)、もしくはポイント(つま先を伸ばす)になった時に内くるぶしと外くるぶしの間の辺りが痛むという症状です。

三角骨があるかどうかは整形外科でレントゲン撮影をしないとわかりません。

痛みが数年以上に渡っている場合や周囲の組織の損傷がひどい場合は手術もすすめられますが、リスクも多いため踊られる方は可能な限り保存療法を行っているのが現状です。

三角骨が疑われる場合は一度レントゲンで確認をされた方がよいでしょう。やはりきちんと状態を知った上できちんとメンテナンスやリハビリを行えば痛みがほとんどなく踊れているケースもあります。

当院ではまず体の使い方のチェックをし、痛みを軽くするための鍼灸治療や電気治療を行います。そして足まわり、体全体の調整を行うことで正しい体の使い方が出来るようにしていきます。

自宅でのリハビリトレーニング、ケア方法を指導して痛みが出ないようにしていきます。

しつこい痛みに悩まされている方、ポワントレッスンができなくて困っている方、一度ご相談下さい!

よつばの森
当院は予約優先となっております。

〒142-0062
東京都品川区小山4-4-3MSビル2F
最寄駅:東急目黒線
【武蔵小山駅】徒歩2分

Copyright© 2014 – ‘2019’ マッサージ・はり・灸・よつばの森 All Rights Reserved.